トイストーリー3のロッツォの最後!クズだけどかわいそうな過去とは?

ディズニー映画の中でも大人気シリーズ「トイ・ストーリー」シリーズですが、中でも『トイ・ストーリー3』は世界中で高く評価を得た作品ですよね。

そして3からも新しいおもちゃが参加するわけですが、3の中でも最も重要なキャラクターはくまのロッツォです。可愛い見た目からは想像できないほどの悪役ぶりを見せ、多くの人に深い印象を与えたキャラクターと言っても過言ではないでしょう。

そこで今回は、

  • ロッツォの最後について
  • ロッツォは過去に何があった?
  • ロッツォはかわいそうなのか
  • ロッツォはクズ?嫌われている?

こちらの4点についてご紹介していきます。

目次

トイストーリー3のロッツォの最後は?

そもそもロッツォって誰?

ロッツォは、

サニーサイド保育園に昔からいるテディベア

です。

ウッディたちを歓迎してくれ、保育園のルールなどを優しく教えてくれますが、実は保育園を支配しています

抱きしめるとイチゴの香りがすることが特徴のキャラクターです。

ロッツォの最後は?

ロッツォは最後、

ゴミ収集車の前面に飾られてしまいます。

なぜそうなってしまうのかというと、焼却炉でウッディたちを裏切ったロッツォは一人でベルトコンベアから脱出することに成功します。

そして脱出後にゴミ収集のお兄さんに見つかってしまう事態に。

ロッツォを手に取ったお兄さんは「見ろよ!このぬいぐるみガキの頃持ってたんだ。イチゴの匂いだ。」と懐かしげに呟きます。そしてそのままゴミ収集車の飾りとして持って帰るのです。

悪役にしては意外にも可愛らしいラストですよね。そしてゴミ収集車のお兄さんも昔持っていたぬいぐるみを覚えていて、車の飾りにするということは、相当お気に入りのぬいぐるみだったのかもしれませんね♪

トイストーリー3のロッツォの過去には何があった?

ロッツォは

持ち主に捨てられてしまったという悲しい過去

を持っています。

サニーサイド保育園に来る前、ロッツォ、ビッグベイビー、チャックルズは元々デイジーという女の子のおもちゃでした。

その中でもロッツォはデイジーにとって特別のおもちゃで、いつも一緒に過ごしてきました。

そしてある日、デイジーは家族とお気に入りのおもちゃを持ってピクニックに出かけます。そして、お昼ご飯を食べた後に、おもちゃで遊びお昼寝をしてしまいます。

そんなデイジーを両親が抱き抱えて家に帰りますが、

肝心なロッツォたちは置いて行かれてしまう

のです。

しかし、ロッツォ達はデイジーがきてくれると信じていました。それでも、なかなかデイジーは現れません。

諦めなかったロッツォは、デイジーの家まで自力で帰り、窓から入ろうとしてみるとそこには、ロッツォの代わりに新しいピンクのテディベアの姿があったのです。

そこからロッツォの中で何かが変わってしまい、独裁者へとなっていってしまったのでした。

酷い悪役でしたが、裏切りを経験して今の性格になってしまったことには少し気の毒になってしまいますね。サニーサイドの支配者になってもどこか孤独を感じ、デイジーへの思いを断ち切ることはできないなかったのではないでしょうか。

トイストーリー3のロッツォはかわいそう

ロッツォについては、「かわいそう」という声がありますが、ネット上の声を確認してみましょう。

このようにロッツォをかわいそうという声が多く上がっています。

その

理由は、先ほど記載した過去が原因

でしょう。

トイ・ストーリーに登場するキャラクターは子ども達に楽しく、愛を持って遊んでくれることが一番の幸せだと感じています。

ロッツォは、デイジーから愛されていたにも関わらず、置き去りにされ、家に戻ったら既に自分の代わりがいたことに深く傷付きます。

この経験から「おもちゃはいずれ捨てられるんだ」という歪んだ思想を持つようになってしまいます。

人間に置き換えて考えると、両親に見捨てられてしまったと同じくらい壮絶な経験をしたことになるので、このような性格になっても致し方ないのかもしれないですね。

元々は温厚な性格が変わってしまうほどの経験なので、やはりとてもかわいそうですよね。

トイストーリー3のロッツォがクズで嫌い!

ロッツォがクズで嫌いと言われる声もあります。

このようにトイ・ストーリー3を見てロッツォが嫌いという人も多いです。

それは、今までのロッツォの行いが原因でしょう。

ロッツォがしてきたことといえば、

  1. 新しくきたおもちゃ達をまだ使い方がわかっていない幼児クラスへと追いやり、捨てられるように仕向けた
  2. ウッディの仲間であるバズを初期化し、強制的に仲間にした
  3. 自分に歯向かうおもちゃを閉じ込める
  4. 焼却炉のベルトコンベアでウッディ達を裏切り、自分だけ助かろうとした

最後の最後まで改心することなく、クズっぷりを見せてくれたロッツォはむしろ清々しいですね。

かわいそうな過去があったとしても、許されないようなことばかりをしてきたロッツォのことを嫌いな人がいても不思議ではないですよね。

\『トイストーリー3』の
関連記事はこちら/

▼ウッディらしい!最後のメモの内容と意味を考察!

▼友情出演⁉トトロがトイストーリー3に登場するワケ!許可はどうやって取った?

▼悲しすぎる過去?ロッツォがかわいそう!でもクズ過ぎて嫌いと言われる理由

▼『トイストーリー3』あらすじを結末までネタバレ解説!

まとめ

ここまで、「トイ・ストーリー3」に登場するヴィランのロッツォの最後と過去、かわいそう・クズ・嫌いという意見についてご紹介してきました。

まとめると

  • ロッツォは最後、ゴミ収集車の前面に貼り付けられる
  • 過去に持ち主に置いていかれ、自力で家まで戻ると
    既に自分の新しいおもちゃがいたという悲しい経験あり
  • 過去のせいで性格までも変わってしまったロッツォを
    かわいそうだと言う人も多い。
  • 今までした行いがクズすぎるので嫌いという意見も

という結果になりました。

個人的には、ロッツォを歪んだ人格にしてしまった人間にも責任があるのではないのかなと思います。「トイ・ストーリー3」を通して多くの人がおもちゃに対しての意識が変わり、涙し、友情をも学べる作品だったでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次