実写映画『東京リベンジャーズ』のあらすじをネタバレ解説!最後の結末と感想がヤバい!

実写映画『東京リベンジャーズ』のあらすじをネタバレありで徹底解説しますよ!

プライドと仲間との絆で燃えるヤンキー達が魅力の本作は、何度観ても楽しめます。

今回は、最後の結末まで、感想も一緒にわかりやすくしっかり解説しますよ~♪

目次

映画『東京リベンジャーズ』作品情報

『東京リベンジャーズ』基本情報

実写映画『東京リベンジャーズ』の基本情報を押さえていきましょう。

  • 作品名:東京リベンジャーズ
  • 公開日:2021年7月9日
  • 上映時間:120分
  • 監督:英勉(はなぶさ つとむ)
  • 脚本:高橋泉
  • キャスト:北村匠海、吉沢亮、
         山田裕貴、杉野遥亮、ほか

北村匠海が主演を務め、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、間宮祥太朗、吉沢亮ら豪華若手俳優の共演で、和久井健の人気コミック「東京卍リベンジャーズ」を実写映画化。監督は「映像研には手を出すな!」を手掛けた英勉です。

『東京リベンジャーズ』のあらすじ(簡単に・ネタバレなし)

ダメフリーターの花垣武道は、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタと彼女の弟・ナオトが、関東最凶の組織・東京卍曾に殺されたことをニュースで知ります。

その翌日、駅のホームで何者かに背中を押され線路に転落したタケミチは、不良学生だった10年前にタイムスリップします。

過去の世界でタケミチがナオトに「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことにより未来は変化。現代に戻ったタケミチは、死の運命から逃れ刑事になっていたナオトと出会います。

刑事になったナオトから「10年前に戻り、東京卍曾を潰せばヒナタを助けられる。力を貸して欲しい」と言われるのでした。

『東京リベンジャーズ』のあらすじ内容を詳しくネタバレ解説!

タイムリープ

冴えない日々を過ごすフリーターの花垣武道は、ニュースで橘日向と橘直人が抗争に巻き込まれて死亡したと知ります。

日向は武道の人生の中で唯一の彼女であり武道はショックを受けますが、ネットカフェでのバイトの帰り道に何者かに押され駅のホームから転落。

死を覚悟した次の瞬間、武道は10年前の高校時代に戻っており、学生時代の友人である「溝中五人衆」の千堂敦たちと共に渋谷三中の2年生との喧嘩に向かう最中でした。

武道は現状を走馬灯と考え流れに身を任せますが、喧嘩の場に現れたのは2年生ではなく暴走族「東京卍會」に所属すると言われる「キヨマサ」でした。

武道はキヨマサとの喧嘩に敗れ、キヨマサから奴隷のような扱いを受ける日々を過ごすことになり、それがきっかけに何事も長続きしない性格になってしまったことを思い出しその場から逃走しようと試みますが、記憶通りの展開になってしまいます。

走馬灯に対する愚痴を吐きながら当時付き合っていたはずの日向と会い、その後にいじめられている日向の弟の直人に出会った武道は自分が10年後の世界から来たと打ち明けます。

そして「10年後の7月1日に日向と直人は死ぬ」と伝え「何があっても姉を護るように」と約束し直人の手を握りました。

気が付くと10年後に戻っており、そこには警察官となり7月1日を生き延びた直人がいました。

タイムリープによる変化

混乱する武道に直人は武道が「タイムリープ」したことを話し、過去の自分が武道の言葉を信じたから生き延び、電車に撥ねられ死ぬはずだった武道を助けられたと言います。

しかし、日向はやはり7月1日に「東京卍會」による抗争に巻き込まれ死亡していました。

「東京卍會」は佐野万次郎と稀咲鉄太に率いられる半グレグループであり、近年ではヤクザよりも力を付け麻薬や殺人などあらゆる犯罪に関わっていると直人は武道に話します。

そして、自分と握手することでタイムリープできる武道に、佐野万次郎と稀咲鉄太の出会いを止めるようにと依頼します。

武道のタイムリープは現代の時間とリンクしており、二度同じ時間をやり直すことは出来ませんでした。

再度10年前に戻った武道は、戻った先がキヨマサとの喧嘩の日ではなく、既にキヨマサから奴隷扱いを受けている日だと気づきます。

この日はキヨマサによる喧嘩賭博が開かれ、キヨマサによる扱いに耐えかねた敦が彼を刺殺してしまう日でもあり、武道は敦が行動を起こす前に静止します。

さらにキヨマサにタイマンを挑み、自身が勝利したら「東京卍會」の総長にあわせるようにと求めますが、力の差は歴然であり武道は一方的に殴られ続けてしまいます。

東京卍會の総長マイキー

10年後に日向を生き残らせるために踏ん張る武道の前に、総長の佐野万次郎、通称「マイキー」と副総長の「ドラケン」が現れます。

マイキーは一目見ただけの武道を友達だと言うと「東京卍會」の評判を落とす行為を繰り返すキヨマサを制裁し、帰って行きました。

キヨマサはドラケンによって「東京卍會」から追放され、キヨマサによる奴隷生活から解放された武道は、自身を死んだ兄に似ていると話すマイキー、ドラケンと仲を深めます。

武道は「仲間のために命を賭けられる」と話すマイキーが10年後の「東京卍會」の非道さと繋がらずに困惑します。

抗争勃発

現代に戻った武道はマイキーと会うために、キヨマサの刺殺を止めたことで「東京卍會」の幹部となっていた敦と再会。

敦は武道が自分のことを親友だと想っていることに涙し、自身が稀咲に強要されホームから武道を突き落としたと話すと「ドラケンが生きていればこんなことにはならなかった」と言い残し、ビルの屋上から飛び降り自殺してしまいます。

武道から話を聞いた直人は、ドラケンが10年前の7月13日に発生した暴走族同士の抗争で刺殺されたことを武道に伝えると、武道は再び10年前へと戻ります。

その頃、「東京卍會」は手段を選ばない危険な暴走族「愛美愛主(メビウス)」にメンバーの1人である林田の友人が重症を負わされ、抗争勃発が迫っていました。

林田の友人の病室に駆け付けたマイキーとドラケンは被害者の両親にドラケン主導で謝罪し、謝罪の意味をマイキーに諭していました。

その場を目撃した武道は、ドラケンこそがマイキーの「心」であることを確信すると抗争を防ごうとマイキーたちの説得を試みます。

メビウスの計画

しかし、抗争はなぜか早まってしまい、メビウスの総長の長内とマイキーの一騎打ちの結果、マイキーが勝利を収めメビウスの吸収を宣言。

長内は割れたビール瓶でマイキーを刺そうとしますが、異変に気づいた武道が叫んだことでドラケンが手で防ぎ、窮地をしのぎます。

ドラケンが死ぬことなく抗争が終わったことで武道は安心していましたが、裏ではメビウスに所属している稀咲が動き出していました。

7月13日、日向と共に祭りを楽しむ武道はメビウスの集団を目撃し、日向を待たせ追跡します。そこでは「東京卍會」を追放されたキヨマサがドラケンを刺殺する計画をメビウスと企てていました。

のぞき見が露見しキヨマサに縛られ放置された武道は日向に救われますが、自分が何も変えることが出来ない弱い人間だと自信を失います。

『東京リベンジャーズ』の最後と結末

罠にハマるドラケン

日向に諭された武道は、10年後の現代で日向にもう一度再会すべく再度奮起。

その頃、ドラケンはメビウスによる嘘の呼び出しで一人孤立させられ、メビウスのメンバーに袋叩きにされていました。

恐るべき戦闘力で致命傷を避けていたドラケンでしたが、限界を迎えようとしていました。

その時過去の武道の発言によって異変にいち早く気づいたマイキー率いる「東京卍會」が現れお互いのメンバーが総員でぶつかり合う全面抗争に発展します。

武道もその場に駆けつけますが時遅く、ドラケンは背後から現れたキヨマサに刺されてしまいます

武道VSキヨマサ

キヨマサが消えた後、駆け寄った武道はマイキーに頼まれ救急車を呼び、ドラケンを安全な場所へと移そうと背負います。

メビウスのメンバーに足止めされそうになった武道を助けるため敦たち「溝中五人衆」も駆けつけ、武道は無事抗争現場から去ることに成功しますが、その場にキヨマサが現れます。

ドラケンを救うため武道は覚悟を決め、何回も敗れているキヨマサに正面からぶつかります。

何度殴られても決してひるまない武道は執念でキヨマサを倒すことに成功し、ドラケンを無事救急車へ乗せました。

抗争は「東京卍會」の勝利で終わり、メンバーが総出で見守る中、手術は無事成功しドラケンは一命を取り留めます。

武道は10年後の現代に戻ると、マイキーの手配書からはドラケンを模した首筋の龍の刺青が消え、自殺したはずの敦は夢だった美容師となっていました。

そして結果を聞きに直人の家を訪ねると、そこで大人になった日向と再会を果たすのでした。

『東京リベンジャーズ』感想まとめ

映画『東京リベンジャーズ』の感想をまとめました!

映画はすっきりとまとまっていてハッピーエンドで良かった!
若手ネクストブレイク俳優が、今やホントに売れっ子になっているのも見ていて楽しいです!

漫画・アニメの実写ですが、再現度高すぎてびっくり!

男同士の熱い友情に胸アツ&涙腺崩壊!
原作ファンも文句なしの実写映画です!

『東京リベンジャーズ』(実写)のフル動画を
無料視聴する方法は?

映画『東京リベンジャーズ』は、何度も見たくなるし、何回見ても楽しめる作品ですよね♪

そんな『東京リベンジャーズ』のフル動画を、安全に無料で視聴できる方法を調べました!

おうち時間に『東京リベンジャーズ』を見て、ヤンキーたちの友情にワクワクしませんか?(∩´∀`)∩

\今すぐ『東京リベンジャーズ』を見る!/

\実写映画『東京リベンジャーズ』の
関連記事はこちら/

▼結末までネタバレ!映画『東京リベンジャーズ』あらすじ解説!

▼まさか!?あっくんがタケミチを線路に突き落とした理由を考察!

▼矛盾だらけ⁉ナオトの記憶が保たれている理由!なぜ生きているのか?

▼徹底比較!『東京リベンジャーズ』の原作漫画と実写映画の違い!

まとめ

映画『東京リベンジャーズ』のあらすじを、ネタバレあり(詳しく)とネタバレなし(簡単)で解説してきました!

最後の結末までご紹介してきましたが、主人公の武道は未来を変えるために全力でとても勇気づけられる映画でしたね♪

何度も見たくなってしまう映画です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次