タイタニックでローズがおばあちゃんになるまでのその後の人生は?なぜ結婚し子供を産んだ?

映画『タイタニック』でローズが事故後、おばあちゃんになるまでの、その後の人生が描かれていないので、気になるので、考察します!

しかも、ジャックという運命の人がいたのに、他の人と結婚して子供を産んだのはなぜなのか、調べてみました。早速確認していきましょう!

目次

『タイタニック』ローズのその後の人生は?

映画『タイタニック』では、ローズが救出されたその後の人生としてわかっている情報としては、

  • 「ローズ・ドーソン」というジャックの苗字を名乗って生きた
  • おばあちゃんになるまで(100歳まで)生きた
  • 孫がいる(結婚し、子供を産んだ
  • これまでジャックとのことは誰にも語らなかった

ということです。

こればかりは観客の想像次第なのですが、気になったので、考察してみたいと思います。

トレジャーハンターのセリフ「女優だった」

まず映画冒頭で、トレジャーハンターの仲間が、年老いたローズの身元について調べ上げた内容として、

  • 女優だった
  • 旧姓はドーソン
  • カルバートという男と結婚
  • 田舎に移り住んで子供を2人もうけた
  • 夫は亡くなり、今は未亡人

と話していました。映画のシーンでもあったように、ローズは結婚するまでジャックの苗字であるドーソンとして生きたことがわかりますね。

そして、女優をしていたそうです。アメリカに移り住んだ当初は、飲食店の店員や大きな屋敷のお手伝いをしていたかもしれませんが、美しいルックスの持ち主ですから、スカウトされた可能性は高いですよね。

トレジャーハンターのセリフから、結婚して子供を産んだことまで明らかになっています。

ローズの写真から考察

『タイタニック』のラストシーンで、ローズが「いつも持ち歩いているの」と話していた写真の数々が写されます。それらは、

  • 大きな自分のポートレイト写真
  • 大きな魚を釣り上げた記念の写真
  • 世界を旅したと思われる写真(どこかの民族と映ったり、象が映っている)
  • 学校を卒業したと思われる写真
  • パイロット姿の写真
  • 馬にまたがって笑顔の写真

というのが映し出されました。

これらは、馬の乗り方を教えてあげるという話をジャックとローズはしていましたね。当時の女性は馬にまたがって乗ることはなかったそうなので、ローズがジャックとの約束通り、自由に生きたということの証です。

これら写真は実際に成し遂げたことなのかもしれませんし、ポートレートがあることから、

  • 女優としてすべて演じたもの

だったのかもしれません。写真に乗っていることをすべてやろうと思ったら、かなりお金がかかります。田舎に引っ越したということから、夫がかなり裕福だったということも考えにくいですから、女優としての稼ぎが相当良かったか、すべて演技で行ったもの、なのだと思われます。

アメリカの時代背景から考察

タイタニック沈没事故は、1912年の出来事です。そのときローズは17歳でした。この当時のアメリカの時代背景から考察します。

1910年代~1920年代にかけては、アメリカだけでなくヨーロッパでも教育を受けた女性が増えたことから、参政権運動も高まり、女性の自立が叫ばれるようになりました。

1920年に合衆国憲法が改正され、アメリカで女性の参政権が認められたのをきっかけに、多くの女性が社会進出を果たします。

きっとローズもその時代の流れに乗って、女優として自立した生活をしていたのでしょう。その中で、カルバートという素敵な男性に出会い、自然と結婚、子どもを産み育てる、という生活を送ったのでしょうね。

女優という仕事をやめ、田舎で生活をしていた、というのが何ともローズらしいと思います。お世辞ばかりの窮屈な貴族生活の反動かもしれませんね。

なぜ結婚し子供を産んだのか?

ジャックという運命の人がいたのに、ローズはなぜ別の男性と結婚して子供を産んだのか、それは幸せなことなのか、ファンとしては気になるところでした。

ローズが別の人と結婚して子供を産んだ理由はひとえに

  • ジャックとの約束を果たすため

でしょう。ジャックが沈む前に言っていたセリフがあります。

君は無事に助かる。助かって、子供をたくさん産むんだ。

 You’re gonna get out of here, you’re gonna go on and you’re gonna make lots of babies,

彼らを育てて、成長を見届けて、

and you’re gonna watch them grow.

年を取って、老婦人になって、温かいベッドで死ぬ。

You’re gonna die an old… an old lady warm in her bed, not here,

今夜、こんなところで、こんなふうに死ぬんじゃない。いいね?

not this night. Not like this, do you understand me?

ジャック最後のシーンのセリフ(『タイタニック』)

約束するわ、とローズは答えています。

ジャックと約束した通り、どんなに望みがない状況でも、生き抜いて、結婚し子供を産み育てて、老婦人になるまで自由に生きたのですね。

ローズはこの約束を守ることが生きがいになっていたと思います。ジャックはローズにとって、「初恋の相手」だったと思いますが、それ以上に命の恩人です。ジャック以外の人とは幸せにならない、結婚しない、と決め込むことはジャックが望まないとローズはわかっていたのでしょう。

その時であった素敵なご主人と子どもたちに囲まれて、幸せに生きることこそが、ジャックとの約束を果たすことになっていたのですね。素敵すぎますよね(T_T)

おばあちゃんになるまでなぜ語らなかったのか?

ローズは100歳というおばあちゃんになってから、なぜあのトレジャーハンターの前で話すまで、誰にも話さず、秘密にしていたのでしょうか。ローズは、

  • あなたのおじいちゃんにも話さなかったわ

と、孫娘リジーにも語っていますね。つまり、夫にもジャックのことは話さなかったということ。

よく考えてみると、初恋の話を、夫または妻に、話したことありますか?

なんだか初恋って、他の恋愛と違って、胸の内にしまっておきたい、大切な思い出として持っている人が多いのではないでしょうか。

女性はたくさん秘密を持っていますよね。すべてを話し合える夫婦関係も良いですが、必ずしもこれまでの人生全てを共有するのは違うかな、と個人的には思います。

『タイタニック』のフル動画を無料で視聴する方法は?

『タイタニック』は何度観ても楽しめる映画ですよね。その『タイタニック』の動画をフルで、無料で、視聴できる方法があるのでご紹介します!

外出を控える日がまだまだ続きそうなので、お家でゆっくりタイタニックを観賞がおすすめです(*´ω`*)

U-NEXTなら今すぐ無料で見放題!

31日間の無料トライアル中に解約すれば、月額料金なしで完全無料!

TSUTAYA TVも今すぐ無料で見放題!

まとめ

映画『タイタニック』で、ローズが事故からおばあちゃんになるまでのその後の人生についてと、なぜ結婚して子供を産んだのか、についても考察してきました。まとめると、

  • ローズはアメリカ移住後女優として活躍
  • 女優の仕事を通してかもしれないが、馬に乗ったりパイロットになったりした
  • ジャックとの約束通り自由に生きた
  • 結婚し子どもを産んだ理由はジャックとの約束を守るため

ということでしたね。自由に生きた証である写真を常に持ち歩いているなんて、素敵ですよね。毎晩ジャックに話しかけていたのだろうな、と想像しました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる