映画マスカレードホテルのあらすじをネタバレ解説!最後の結末と感想に驚き!

東野圭吾の小説が原作の映画『マスカレード・ホテル』のあらすじをネタバレ解説します!

最後の結末と犯人まで惜しみなくしっかり解説しますよ~♪あっと言わせる推理や驚きの展開の感想もまとめました!

目次

映画『マスカレード・ホテル』作品情報

『マスカレード・ホテル』の基本情報を押さえてきましょう。

  • 作品名:マスカレード・ホテル
  • 公開日:2019年1月18日
  • 制作国:日本
  • 上映時間:133分
  • 監督:鈴木雅之
  • 原作:東野圭吾『マスカレード・ホテル』
  • キャスト:木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善

主役が木村拓哉であるうえに、脇を固める役者陣が豪華すぎることでも話題になりました。ミステリー要素はもちろん、笑いもあって何度も楽しめる映画になっています。

『マスカレード・ホテル』のあらすじ(ネタバレなし・簡単版)

舞台は都内にある一流ホテル・コルテシア東京。

若くて優秀なフロントクラークである山岸尚美(長澤まさみ)は、お客様に誠心誠意尽くし、さらに正義感も強い女性です。

ある日、尚美の務める部署の社員全員が、総支配人に集められました。都内で起きている3件の連続殺人事件は同一犯であり、次の4つ目の殺人事件がこのホテルで起きる可能性が高いというのです。

犯人が特定されていないため、5人の捜査員がホテル従業に扮して潜入捜査し、ホテル側はお客様を守るために全面協力することになりました。捜査一課のエリート刑事である新田浩介(木村拓哉)はフロントクラークに配置させられ、尚美が新田の教育係に任命されます。

ホテルを訪れる客は、視覚障がい者の老婆、プライベートを隠している怪しい男女、新田に言いがかりをつけてくる男など様々で、全員が怪しく見えてきます

新田と尚美は2人で話しながら少しずつ事件解決へのヒントを導き出していきます。4つ目の事件は誰を襲おうとしているのか、犯人は誰なのか。果たして新田と尚美は事件を解決できるのだろうか――。

『マスカレード・ホテル』のあらすじ内容をネタバレ解説!

潜入捜査開始

東京都内では連続殺人事件が3件発生していました。犯人が残した手掛かりから、次の犯行は「ホテルコルテシア東京」だと断定した警察が、ホテルマンを装ってホテルに潜入捜査することになりました。

彼らの中には、捜査一課のエリート刑事である新田浩介(木村拓哉)も含まれていました。

英語が堪能な新田は、フロントクラークに任命されます。そして、新田の教育係には優秀なフロントクラークである山岸尚美(長澤まさみ)が任命されました。客の綾部(浜田岳)が室内でわざとタバコを吸い、タバコの臭いが染みついているとクレームを言って部屋のグレードアップを狙っていたことがありましたが、山岸は冷静に対応します。

山岸は新田の指導係として、新田の横柄な態度や身なりを注意し、長髪の髪を切らせ、髭も剃らせました。新田は、列に並ばずほかの客よりも先にチェックアウトさせるように要求してきた宿泊客の大野(笹野高史)に対し、順番を守るように指示しましたが、山岸は自ら応対します。ホテルでは「お客様がルール」なのだと山岸は新田に諭します。

ある時、客の古橋(髙橋政宏)がチェックアウトしましたが、以前宿泊した時にも1着2万円するバスローブが無くなっていたことを山岸が思い出し、再度部屋を確認させたところ、今回もバスローブが1着無くなってしました。

山岸は古橋の荷物を点検しようとしましたが、新田がそれを制止、部屋のベッドの下からバスローブを発見しました。新田は、古橋の狙いが、わざわざバスローブを盗んだと思わせて荷物検査をさせ、あとでクレームをつけて金をだまし取ろうとしていたのだと見破ったのです。

山岸は新田に関心しつつ、ホテルでの対応よりも事件解決を最優先する新田とそりが合わず、衝突することがありました。

怪しいホテルの客たち

ある日、ホテルに視覚障がい者の老婆である片桐が訪れます。スタッフは丁寧に片桐の対応をしますが、新田は片桐が手袋をつけていて、重要な手の感触の妨げになっていることから、本当は目が見えるのではないかと疑いました。しかし、山岸は、見えないふりをしていてもホテルのルールに反してはいないと、片桐に対して、丁寧な接客を続けました。

片桐は用意した部屋に幽霊を感じるとクレームをつけ、山岸に部屋を交換してもらいました。チェックアウトの時には、片桐は山岸に、実は目が見えることと、霊感も強い視覚障がい者の夫がホテルに泊まりに来る下見だと明かしました。片桐は山岸の丁寧な接客を大絶賛します。

一方で、新田は宿泊に来た元相棒の所轄の刑事、能勢(小日向文世)の接客をしていました。新田は、第1の被害者である会社員の岡部殺人事件の容疑者にアリバイがあったため悩んでいましたが、能勢は、実は岡部は人妻と不倫していたという情報を新田に教えます。

さらに、能勢がすぐに部屋を出て、代わりに新田に部屋を使うように伝言を残したのですが、新田はホテルマンは指名されたら無条件で部屋に行かなければならないことから、犯人は宿泊客だけでなくホテル従業員もターゲットにしていると考えるヒントを能勢から得たのでした。

新田は山岸と屋上でランチしながら、捜査関係者しか知り得ない情報を話します。第1の被害者は岡部、第2の被害者は主婦の野口、第3の被害者は高校教師の畑中。いずれも手口は異なりますが、現場に必ず暗号のような数字が書かれた紙が残されているということが共通点でした。

その数字は犯行場所の緯度と経度を表すもので、解読してみると、次の犯行現場がホテルコルテシア東京だったのです。新田は犯人のターゲットは宿泊客だけでなく従業員も含まれる可能性、客室なら犯行に及びやすい、犯人が部屋を自由に行き来できる従業員である可能性も、新田が山岸に伝えました。

しかし、山岸は内部の犯行を疑われ憤慨し、協力を拒否します。新田は、山岸に情報を伝えることで、内部の人間も気を付けて見てもらえるよう、計算していたのでした。

お客様の対応は事件解決の重要なヒント

ある日、新田は宿泊客である栗原(生瀬勝久)の応対をします。栗原はわざわざ新田を指名して、部屋を荷物まで運ばせたり、眺めのよい部屋がいいとクレームをつけて部屋の交換を新田に命じましたが結局元の部屋に落ち着きました。

さらに栗原は荷物のパソコンのデータが消えていたと新田に訴え、新田に打ち込み直すように命じます。そして30分おきに連絡するからホテルの部屋の電話からかけ直すように命じてきました。

山岸は新田の作業を手伝い、自分がホテルに就職した理由を話します。山岸は大学受験のときにホテルコルテシア東京に泊まりました。そのとき、お守りを部屋に忘れてしまったのですが、それに気づいたホテルマンが受験会場まで届けて来てくれたのです。山岸はこのホテルマンの親切で丁寧な対応に感心し、ホテルに就職することを決意したのでした。

一方、山岸は宿泊客の安野(菜々緒)のチェックイン時に、1枚の写真を見せられ、写真の人である館林(宇梶剛士)はストーカーなのでもしホテルに来たら追い返すようにと、頼まれました。山岸はいったん断りますが、警察は写真を預かって警戒します。

山岸は安野との対応で、1年前の経験を思い出し新田に話しました。それはある女性が宿泊客の男の部屋番号を知りたいと言ってきたときのことです。山岸は、客の部屋番号だけは何があっても他人に教えてはならないというルールから、男が宿泊していない、この客は予約していたが直前に部屋をキャンセルした、と応え、さらに、女性がせめて宿泊させてほしいと頼んできたときにもすでに満室と応えて、引き下がってもらった、という経験でした。

その後、館林が宿泊客として訪れて、山岸は警告する意味で、うっかり安野に館林の部屋番号を教えてしまいました。山岸は安野に部屋から出ないよう指示していましたが、安野は部屋を出て館林の部屋へ向かいます。安野こそがストーカーだと思い、新田と共に館林の部屋に急いで向かいます。

実は、安野は館林の妻で、館林が浮気している現場をおさえるために安野は嘘をついていたのでした。安野は館林に離婚届を突き付けて去り、山岸は部屋番号を教えてしまったことを反省しました。

そして、栗原のほうは、警察の調べで、新田が高校生だったころに学校に来た英語の教育実習生だったことがわかりました。同級生は栗原をからかうために、英語が得意な新田を使って栗原に恥をかかせたことから、栗原は教職をあきらめていたのでした。その逆恨みで、栗原は立派なホテルマンになったように見える新田に無理難題を押し付けていたのです。最終的にはその事実を認め、ホテルを去りました。

アリバイ崩し

新田は栗原がなぜホテルの部屋の電話から、新田にかけ直させたのかを山岸に尋ねます。ホテルの電話からかけ直させるのではなく、直接栗原がホテルにいる新田の部屋に電話をかければよいのではないか、と考えたからです。

しかし、山岸によると、外部からホテルに電話をかける場合、部屋に直通でかけることはできず、必ずオペレーターを通して繋げます。すると、オペレーターがどの部屋に繋いだのかは、栗原は知るすべがないのです。そのホテルの通話回路網の説明を聞いた新田は、能勢にひらめいたアリバイ崩しを話します。

第1の被害者である岡部の同僚である手嶋は会社の金を横領していたのですが、犯行時刻には手嶋の元恋人、本多が、犯行現場から離れた自宅にいる手嶋に電話をしており、その様子を本多の友人である井上が見ていたというのです。つまり、手嶋に犯行は不可能、というアリバイがありました。

しかし、本多の友人である井上は実は人妻で、岡部の浮気相手であり、井上が浮気を隠すために本多の携帯の電話帳の手嶋の電話番号を書き換え、あたかも手嶋の自宅にかけたように見せかけたのではないかと、新田は推理しました。

新田の推理は的中し、アリバイが崩れ、手嶋と井上は岡部殺害容疑で逮捕されました。そしてさらに新たな事実が判明。押収された手嶋のパソコンからは、闇サイトとのつながりが見つかり、一連の事件の犯人は別々だがいずれも闇サイトで繋がっていて、あたかも連続殺人事件のように見せかけられていたことが判明しました。

どうやら、この闇サイトを仕切る人物こそが次にホテルで犯行に及ぶ可能性が高い、と警察は推理。ホテルには伏せておくことになったものの、新田はホテルに情報を流し協力を依頼すべきだと訴えました。一方、山岸は以前に新田から聞いた話を、藤木総支配人(石橋凌)と田倉宿泊部長(鶴見辰吾)に話、従業員が犯人に狙われる可能性を示唆しました。

『マスカレード・ホテル』の最後と結末

怪しいワイン

ホテルコルテシア東京で挙式を行う予定の高山(前田敦子)がホテルに打ち合わせに来ました。山岸は友人から預かったというプレゼントのワインを高山に渡しましたが、新田は、このワインになぜかデパートの宅配シールが張られていました。高山が確認すると、実際には友人はワインを送っていませんでした。そしてワインのコルクには注射針の痕がありました。

実は、高山はかねてからストーカー被害に悩まされていることがわかり、警察は高山が第4の事件の標的にされている可能性が高いとみて、翌日の挙式は万全の警備体制で臨むことになりました。

能勢は山岸に、新田は自分勝手で能力を生かし切れていないと話します。山岸はなぜそれを自分に話したのか尋ねると、「今はあなたが新田の相棒だから」と能勢は答えました。

一方、新田は挙式当日の現場警備から外され不満を感じていましたが、フロント業務についていたとき、チェックインした森川(橋本マナミ)をサングラスの男が目で追いかけているのを不審に感じました。実はこの男は有名な政治評論家で、森川と密会するためにホテルに変装してよくホテルに来るのでした。

山岸は、密会の手口はいろいろあり、例えば男性のみのグループと女性が別々でチェックインして、あとで女性が男性グループの一人の部屋に会いに行く、といった例を新田に説明しました。

新田はヒントを得て、改めて一連の事件を整理します。第1の事件の犯人は被害者の同僚および不倫相手、第2の事件の容疑者は被害者の夫でしたが、第3の事件についてはまだ容疑者は特定できていません。新田は、黒幕には殺したい人間が2人おり、これから起こす4つ目の事件と他の3件の事件を関連付けさせ、残りのもう1件の犯行を隠そうとしているのではと、推理しました。

結婚式当日

新田がこの推理を能勢に話すのを聞いてしまった山岸は、今すぐに公表して事件を防ぐべきだと主張しますが、新田は結婚式まで待ってほしいと頼み込み、山岸はしぶしぶ了承しました。山岸は、ホテルに来る人はみな「客」という”仮面”を被っており、その仮面を決して外してはいけない、と話します。そして、もし結婚式当日に何かあればホテルを辞めると言い出し、新田もその時は自分も刑事を辞める、と告げました。

翌日の高山の挙式・披露宴当日。能勢は新田の推理を聞いて、心当たりのあった1か月前の未解決殺人事件を洗い直していました。その事件の被害者、松岡(水間ロン)の死体には注射痕があり、殺害に使われた薬物が、高山宛のワインに混入されていたものを同じものでした。そして、名古屋の劇団員だった松岡は、約1年前にこのホテルに泊まっていたのです。

高山の挙式披露宴が始まります。フロントでは、新田と山岸が女装した男(勝地涼)が披露宴会場に向かっていることに気づき、新田から連絡を受けた警備の刑事が男を取り押さえましたが、男はある人物からネットで手紙を高山に渡すように依頼されただけだと白状します。その手紙には、一連の事件と同様に、暗号の数字が書かれていました。

事件の黒幕

名古屋で調査中の能勢は、松岡が所属していた劇団のポスター画像を新田に送ります。なんとそこには、先日このホテルに泊まりに来た片桐の姿がありました。この日、片桐はちょうどホテルを再び訪れており、山岸が対応したものの、部屋に入った山岸を片桐が手足を縛って拘束しました。

実は、片桐の正体は松岡と同じ劇団に所属していた長倉麻貴であり、山岸が約1年前にフロントで追い返した客だったのです。老婆というのも変装でした。

長倉は約1年前にホテルを訪れた際、松岡の子を妊娠しており、その責任を取らせるために、ホテルに泊まる松岡の元に乗り込もうとしたのですが、山岸に追い返され、雨の降る外で一晩待っていたのです。翌朝、ようやくホテルから出てきた松岡を見つけ追いかけようとしますが、長倉は流産してしまいました。

そのことを恨みに思った長倉は、松岡と山岸も殺そうを決意したのです。長倉は闇サイトの黒幕であり、数字の暗号を残したのも長倉であり、高山のストーカーも長倉がでっち上げたものでした。

長倉は部屋を5つ取っていたので、能勢の情報から異変に気付いた新田は慌てて1部屋ずつ確認して山岸を探し回ります。ある一部屋で、長倉は山岸を連れて風呂場に隠れており、新田は気づかず部屋を出てしまいました。長倉は山岸の首に注射器を押し当てたその時、新田が部屋に再度駆けつけて山岸を救出。長倉を現行犯逮捕しました。

実は新田は、いつも整えられている文鎮がずれていることに気づき、一旦部屋を出たふりをしたのでした。その後、他の事件の犯人も逮捕され、事件は解決、警察の捜査本部も解散しました。藤木総支配人は、従業員である山岸を救ってくれたことを新田に感謝し、新田はホテルを出て、ホテルに一礼し、元の生活に戻っていきました。

後日、藤木総支配人は、新田と能勢をホテル最上階にあるレストランに招待します。藤木と能勢は、新田と山岸を2人きりにさせるためか、食事には参加せず。新田と山岸は、お互いの「警察」と「ホテルマン」という”仮面”を外して、楽しいひと時を過ごすのでした。

『マスカレード・ホテル』の感想

20代男性

怪しいと思って見ると、みんな怪しく見える!
とくに、あえて引きで撮るシーンが多く、ホテル全体を映してホテルにいる人全員を怪しいと思わせている感じ。

30代女性

相性の悪い新田(木村拓哉)と山岸(長澤まさみ)の2人が、話が進んでいくにつれて最高の相棒になっていくのは素敵!話もテンポよく進み、伏線が随所に散りばめられているので、飽きずに見続けることができました。

20代女性

松たか子の演技力の高さに脱帽!

『マスカレード・ホテル』のフル動画を
無料視聴する方法は?

『 マスカレード・ホテル 』は、何度も見たくなるし、何回見ても楽しめる作品ばかりですよね♪

そんな『マスカレード・ホテル 』のフル動画を、安全に無料で視聴できる方法があるのでご紹介します!

おうち時間に、『マスカレード・ホテル』を見て、ちらっと出演している明石家さんまさんを探したり、もう一度トリックを見破ってみませんか?(∩´∀`)∩

『マスカレード・ホテル』を無料で見る!

\『マスカレード・ホテル』関連記事はこちら/

▼あらすじを徹底解説!最後の犯人までネタバレ!

▼気づいた?ホテルの文鎮が持つ重要な意味!実は伏線⁉︎

まとめ

東野圭吾の小説が原作の映画『マスカレード・ホテル』のあらすじをネタバレありとネタバレなしで解説し、感想もお伝えしてきました!

最後の結末までご紹介してきましたが、かなり見応えのある映画であることがわかりましたね♪

何回観ても犯人に騙されますよ~!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる