「ジュラシックワールド/炎の王国」のあらすじをネタバレ解説!最後の結末と感想がヤバい!

映画『ジュラシックワールド/炎の王国』のあらすじをネタバレありで徹底解説しますよ!

人間と恐竜が共存するところが魅力の本作は、何度観ても楽しめます。

今回は、最後の結末まで、感想も一緒にわかりやすくしっかり解説しますよ~♪

目次

映画『ジュラシックワールド/炎の王国』作品情報

『ジュラシックワールド/炎の王国』基本情報

『ジュラシックワールド/炎の王国』の基本情報を押さえてきましょう。

  • 作品名:ジュラシックワールド/炎の王国
  • 公開日:2018年7月13日(日本)
  • 上映時間:128分
  • 監督:J・A・バヨナ
  • 脚本:デレク・コノリー、コリン・トレヴォロウ
  • キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード
         レイフ・スポール、ジャスティス・スミス、ほか

2018年公開のアメリカ映画です。「ジュラシック・ワールド」の続編で、映画「ジュラシック・パーク」シリーズの第5作目になります。

『ジュラシックワールド/炎の王国』のあらすじ(簡単に・ネタバレなし)

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパークのジュラシック・ワールドを有するイスラ・ヌブラル島で火山の大噴火の予兆が捉えられていました。

迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られます。

そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアと共に、行動を起こす事を決意します。

島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開けます。

『ジュラシックワールド/炎の王国』のあらすじ内容を詳しくネタバレ解説!

クレア、恐竜救出を決意

イスラ・ヌブラル島にある、恐竜をテーマパークとした「ジュラシック・ワールド」が閉鎖されてから3年。人間から放棄された島の休火山は活発に活動を見せていました。

島に残った恐竜たちをめぐり、上院の特別委員会が開かれています。恐竜を絶滅危惧種として認定し保護をすべきか、それとも自然災害を神の領域として見殺しにするのか。

この委員会で意見を求められたのは、かつて「ジュラシック・パーク」に関っていた学者のイアン・マルコム。彼は人間が手を出すべきではないと述べ、上院はこれを承認したのでした。

かつてのジュラシックワールドで主任だったクレアは、恐竜保護団体を組織し、大噴火が迫る島から恐竜たちを救い出すために動き出します。

恐竜保護団体集結

まず、訪れたのは「ジュラシック・パーク」を建設したジョン・ハモンドのパートナーだったベンジャミン・ロックウッドのもとでした。ロックウッド邸には彼の孫娘メイジーも同居していました。

そこでクレアはロックウッド財団のイーライ・ミルズより、恐竜を保護するに充分な広い土地を持っていると明かされ、島の施設のシステムにアクセスできるクレアが恐竜救出の委託を受けました。

ミルズより保護の依頼をされたのは11種の恐竜。特にヴェロキラプトルのブルーを救出したいと言います。しかしその凶暴なブルーを扱えるのはこの世でただ1人。オーウェンだけでした。

クレアは恐竜保護団体で情報分析を担当しているフランクリンと、古代生物の獣医ジアを伴い、そこにオーウェンも加わり島を訪れます。

ブルーの救出

到着するとミルズから派遣されたウィートリーが警護につき、すぐに調査を開始します。既に小規模の噴火が至るところで起きていました。

オーウェンはブルーの動きを察知すると1人で対面しに行きます。すっかり野生に戻っていたブルーでしたが、オーウェンの誘導で記憶を取り戻し始めます。ところがその時に一発の銃声が聞こえ、ブルーが倒れました。

ウィートリーとミルズは恐竜保護の名のもとで捕獲し、闇で恐竜を競売にかけて儲けようと企んでいたのでした。瀕死のブルーを世話するためにジアが捕まり、多くの恐竜たちと共に大型船に乗せられました。

恐竜のオークション

島の火山の大噴火が迫る中、クレアもオーウェンとフランクリンを伴い船へと乗り込み身を潜めます。船が着き、恐竜たちが運ばれた先はロックウッド邸でした。

ここで生きた恐竜のオークションが開かれるのです。招かれた客は製薬会社、武器商人や石油王など世界から集まったセレブたち。

オークションに出品される恐竜に、次々と高値がついていきます。特に、最も凶暴な恐竜2体を掛け合わせて作られた新種の恐竜インドラプトルには、試作品であるにもかかわらず数千万ドルもの最高額が付けられ、落札されようとしていました。

恐竜の落札を阻止

一方、オーウェンとクレアはこのオークションを阻止すべくロックウッドの屋敷へ忍び込みますが、見つかってしまい牢屋へ閉じ込められてしまいます。

しかしオーウェンが小型の恐竜を手懐け、牢屋の壁を壊して見事脱出。そのままその恐竜をオークション会場へ放ち、悪しき集会をぶち壊すことに成功しました。

メイジーは最愛の祖父がたった今ミルズに殺されたことを知ります。更にミルズより、祖父が亡くなった娘の代わりに、娘のクローンとして作られたのがメイジーだという衝撃の真実を聞かされます。

友達もいなく、身寄りのいなくなったメイジーをオーウェンは暖かく迎え入れました。

『ジュラシックワールド/炎の王国』の最後と結末

救世主のブルー

しかし安心する間もなく、逃げ出したインドラプトルは暴走し、メイジーを狙って屋敷中を追ってきます。

オーウェンとクレアも対抗しますが、知能が高い上に凶暴なインドラプトルを倒すことができません。そこへ現れたのは怪我から回復したブルー。オーウェンたちを救うかのようにブルーはインドラプトルと戦います。

そしてついにガラス屋根から突き落とし、インドラプトルを倒しました。

その頃、恐竜たちがいる屋敷の地下牢では有毒ガスが充満し、いつ大爆発を起こしても不思議ではない状態となり、閉じ込められた恐竜たちが危機にさらされます。ゲージを開けて外へ放つか、またはこのまま見殺しにするかが問われます。

人間と恐竜の共存

ゲージを開ければ恐竜たちは町へ放たれ大変なことになる、オーウェンの言葉にクレアは開閉ボタンから手を引っ込めます。しかし扉は開かれました。

開けたのはメイジーでした。「私と同じようにどんな命でも生きる権利はある」メイジーのその言葉に皆は立ち尽くすしかできませんでした。

こうして恐竜たちは人間世界へ放たれ、逃げるミルズはいとも簡単に餌食となりました。その中でそっと近づいてきたブルー。オーウェンは「一緒に行こう」と声をかけましたが、ブルーは町へと消えて行ってしまいました。

人間と恐竜たちが共生する世界、まさにジュラシックワールドとしての世界は始まったばかりです。ラスベガスではプテラノドンがビルの上から街を見下ろしているのでした。

『ジュラシックワールド/炎の王国』感想まとめ

映画『ジュラシックワールド/炎の王国』の感想をまとめました。

溶岩で島が無くなっていき、置き去りになる恐竜のシーンが悲しかった。
だけどブルーの可愛さが際立ってた!

恐竜と共存の世界、ジュラシックワールド!
ブルーだけはなにがあっても生き残ってほしい!

やっぱりシリーズで1番好きでした!
更にスケールが大きくなっており、笑えるシーンもあり最高の作品!

まとめ

映画『ジュラシックワールド/炎の王国』のあらすじを、ネタバレあり(詳しく)とネタバレなし(簡単)で解説してきました!

最後の結末までご紹介してきましたが、人間と恐竜の絆に感動したり、恐竜に追われるハラハラドキドキ感もある映画でしたね♪

何度も見たくなってしまう映画です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる