炎のゴブレットでハリーの名前はなぜ選ばれた?紙は誰が入れたの?

ハリポタの第4弾の映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で、疑問になったまま終わった点があります。

それは、

  • なぜハリーは炎のゴブレットに選手として選ばれたのか?

という疑問です。映画では誰も説明してくれませんでしたよね。

原作を読むとどうやらちゃんと解説がされているらしいです。それでは、

  • ハリーの名前がなぜ選ばれたのか
  • ハリーの紙は誰がどうやって入れたのか

を調査して解説していきます!

目次

ハリーがなぜ選ばれたのか?

炎のゴブレットのルール

炎のゴブレットのルールをおさらいしましょう。炎のゴブレットは、三大魔法学校対抗試合の選手を選ぶためのものです。さて、その炎のゴブレットは、

  • 1校に1人の代表者を選ぶ

というルールでしたね。

さらに、今回は、昨今の危険性を鑑み、17歳未満は参加不可という年齢制限が設けられました。これは、炎のゴブレットの魔法ではなく、校長のダンブルドアが炎のゴブレットの周りに「年齢制限」の魔法を設けたのですね。

ハリーは4校目の代表になった?

それではなぜ14歳のハリー・ポッターが選ばれたのか、それについては原作には、おおよそ次の通りの説明がされています。

  • 何者かが強烈な錯乱の呪文を炎のゴブレットにかけた
  • 錯乱の呪文によって、炎のゴブレットが「参加するのは3校だけ」という事実を忘れてしまった

つまり、何者かがハリー・ポッターの名前を架空のもう一校に所属する学生としてハリーの紙を炎のゴブレットに投入し、1人しか立候補者がいないため、

ハリー・ポッターが4校目の代表者になった

ということなのです。

ちなみに、ダンブルドアが設けた年齢制限については、

しかしこれは、投票する人が年齢制限をクリアしていれば、17歳未満の他人の名前を書いて入れることも可能であったと思われます。

17歳以上の何者かがハリーの名前を書いて炎のゴブレットに入れたのですね。

それにしても見事な細工です。

ハリーの紙は誰が入れたのか?

それでは、ハリーの紙はいったい誰が入れたのか、ということが謎ですが、

本作の黒幕であるバーティ・クラウチ・ジュニアがハリーの紙を入れた

と考えるのが自然でしょう。

その目的は、

  • ハリーを代表者にして、対抗試合に参加させる
  • ハリーを優勝させて、「移動キー」の優勝カップに触れさせる
  • ハリーをヴォルデモートの元に移動させて、ヴォルデモート復活のためにハリーの血を手に入れる

という筋書きです。なかなか道のりの遠い作戦ですが、ハリー・ポッターをダンブルドアの監視の目から避けて、人気のないところでの儀式まで連れてくるには、この方法が打ってつけだったんでしょうね。

ハリーポッターシリーズの全作品フル動画を無料視聴する方法は?

ハリーポッターシリーズは、何度も見たくなるし、何回見ても楽しめる作品ばかりですよね♪

そんな『ハリー・ポッター』シリーズの全作品のフル動画を、安全に無料で視聴できる方法があるのでご紹介します!

全8作品を思う存分楽しむことができますよ

おうち時間に『ハリー・ポッター』をイッキ見して、魔法の世界にどっぷり浸りませんか?(∩´∀`)∩

\『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の関連記事はこちら/

▼最後になぜ両親が?直前呪文がかかったのはハリーとヴォルデモートの杖が兄弟だからって本当?

▼謎が解決!父親クラウチが倒れていた理由とは!いつクラウチ・ジュニアに気づいた?

▼あらすじ徹底解説『炎のゴブレット』のネタバレ!結末までしっかり!

▼なぜハリーは炎のゴブレットに選ばれた?一体だれがどうやったのかの謎を解明!

まとめ

ハリポタ映画第4弾の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』で、ハリーの名前はなぜ選ばれたのか、誰がハリーの紙を入れたのか、という謎について調べてきましたが、

  • ハリーの紙を入れたのは、バーティ・クラウチ・ジュニア
  • クラウチ・ジュニアが炎のゴブレットに錯乱の呪文をかけて
    ハリーを4校目の代表者として選ばせた

ということでしたね!2時間半ほどの映画ではなかなかすべてを説明しきれず、「あれ?」と思うことが多いハリー・ポッター作品は、原作を読んでみると合点のいくことも結構ありますね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる