『アナ雪2』エルサの母親イドゥナの正体を考察!精霊と魔法の関係性は?

映画『アナと雪の女王2』は、社会現象にまでなった『アナ雪』の2作目です。

しかしこれが、1作目に比べると難解なストーリーで疑問点がたくさん残った人も多いはず!特に、

  • エルサの母親イドゥナの正体は何だったのか?
  • 母親も精霊なのか?精霊との関係性
  • 母親も魔法を使えたのか?

などなど…気になる疑問が多かったと思います。

ここでは一挙に、『アナ雪2』の母イドゥナにまつわる疑問を考察していきますよ!

目次

『アナ雪2』エルサの母親イドゥナの正体

1作目のイドゥナの設定おさらい

1作目『アナ雪』では、ほとんど母親イドゥナについては触れられていません。しかし、判明していたこととしては、

  • アレンデール王国の王妃
  • エルサとアナの母親
  • 娘たちを愛する心優しい人
  • 船旅の海難事故で国王(エルサとアナの父親)と共に亡くなった

という設定でした。

つまり、イドゥナはすでに亡くなっていますが、この2作目でイドゥナの出自が明らかになります。そして、このイドゥナの出自が、エルサが持つ魔法の力の謎を解き明かす超重要なカギだということが、2作目で判明します。

2作目『アナ雪2』で判明したイドゥナの正体

結論から申し上げると、

母親イドゥナは、北の森に住む先住民のノーサルドラ人

でした。

つまり、アレンデール人ではなかったということです。エルサとアナの父親であるアグナルはアレンデール人ですから、イドゥナとアグナルは種族を超えて結婚した夫婦だったということですね。

エルサとアナには、2つの種族に血が通っているのです。当時ではかなり珍しいことだったかもしれませんね。

なぜアレンデール人ではなくノーサルドラ人だと判明したかと言うと、エルサたちが森にたどり着いたときに、エルサが自分が身に着けていた母親の形見というショールをアナに掛けてあげます。

それを見たノーサルドラのリーダーが、

  • ショールに描かれた模様がノーサルドラの由緒正しい家系に伝わるものだ

と気づいたのですね。そこで、イドゥナがノーサルドラ出身と判明したわけです。

イドゥナについて、もう少し掘り下げます。

イドゥナとアグナルの出会い

エルサたちが森に住むノーサルドラの人たちと交流するこのシーンでは、イドゥナについての事実がさらに明らかになります。

ノーサルドラとアレンデールが戦っていたときに、

アグナルは何者かに命を救われたのですが、その命を救った謎の少女が実はイドゥナだった

ということがわかります。

それは、森に住む風の精霊が竜巻を起こし、エルサの魔法も相まって過去に起こった出来事が雪像として現れたことから判明しましたね。

本来その場は、ノーサルドラとアレンデールでダムの完成を祝う式典だったのですが、当時のアレンデール国王(アグナルの父、エルサの祖父)が当時のノーサルドラのリーダーを殺害してしまったことから、争いが始まるのでした。

イドゥナにとってアレンデール王子であるアグナルは敵だったはずですが、イドゥナは心が寛容だったおかげで、アグナルの命を救うのです。

しかし、ここからは考察になりますが、アグナルの命の救い方がやや特殊なように見えました。普通に敵の攻撃からかばったとか、そういう感じではなく、アグナルは一度大きな岩に頭を強打して気を失ったのですが、雪像ではイドゥナがアグナルを抱えて助けているような姿勢なんですよね。

争いは精霊たちが住む森で起こっていますし、何か特別な力が働いているように感じさせるシーンなのです。

ここで考えてしまうのは、

イドゥナは自分の力あるいは精霊の力を借りて、
一度亡くなったアグナルの命を救ったのではないか

ということです。掘り下げてみましょう。

【考察】母イドゥナと精霊・魔法との関係

イドゥナは精霊で魔法が使える?

2作目で判明した大きな事実として、

  • エルサは第5の精霊だった

ということがあります。精霊には、地・水・火・風からなる四大精霊がおり、彼ら四大精霊と人間たちを結ぶ第5精霊というのがいる、という話でした。

ここでは詳細の説明はしませんが、ともかく、エルサは人間の姿をした精霊だったのです。だから、氷・雪の魔法が使えたのですね。

ということは…

エルサの母イドゥナも精霊で魔法が使える?

イドゥナも第5精霊だったの?

という疑問が湧いてくるのは自然です。だって、エルサのDNAの半分はイドゥナから来ているので、イドゥナも魔法使える精霊でしょ、って思います。

しかし、本作ではイドゥナの精霊と魔法の関係性については一切触れられていません

確かに、ノーサルドラでイドゥナの話をしても、イドゥナが精霊だとか魔法が使えるだとかの話は一切出てきませんでしたね。その事実から、

イドゥナは精霊ではなく魔法も使えない人間

と考えるのが一番自然な考察と思われます。でも、ちょっと納得いかないですよね…?もう少し深掘りします。

母イドゥナの正体はいったい何者なのか?

では、イドゥナという人物は、ただの先住民ノーサルドラ人の1人で、敵として戦っていたアグナルと恋に落ちただけの人物だったのか?というと、そうではないと思います。

というのも、イドゥナは人間でこそありますが、

  • ノーサルドラの由緒正しい家系出身
  • 敵を助けるほど心が清らかで優しい
  • アグナルを救うときに精霊の力を借りた疑い(これは私見ですが)

といった、かなり特殊事情のある人間です。以上から、

イドゥナはもともと精霊たちと関係が近い人間であった

可能性が高いと考察しました。

エルサという第5精霊がイドゥナから生まれたのは、イドゥナが敵を助けるという尊い行動をしたお礼、みたいなふうに本作では語られていますが、イドゥナの正体は、初めから精霊と人間の架け橋となる第5精霊をこの世に誕生させる選ばれしノーサルドラ人だったという可能性があると思います。

もしアナ雪の3作目があるのなら、イドゥナやノーサルドラや精霊の秘密がもう少し明らかになるのかもしれませんね♪

『アナと雪の女王』シリーズの
フル動画を無料視聴する方法は?

『アナと雪の女王』は、何度も見たくなるし、何回見ても楽しめる作品ばかりですよね♪

そんな『アナと雪の女王』と2作目の『アナと雪の女王2』のフル動画を、安全に無料で視聴できる方法を調べました!

おうち時間に、『アナ雪』シリーズを見て、姉妹愛の感動に浸ってみませんか?(∩´∀`)∩

『アナと雪の女王』を今すぐ見る!

『アナと雪の女王2』を今すぐ見る!

\『アナと雪の女王』の関連記事はこちら/

▼『アナ雪』のあらすじと感想まとめ!最後の結末までネタバレ解説!

▼『アナと雪の女王』シリーズ声優一覧!子供時代のアナとエルサの吹き替えは誰?

▼エルサの母イドゥナの正体は何者⁉精霊じゃないし魔法も使えない…?

▼深すぎ⁉エルサ凍った理由!精霊になったことが意味するもの

▼アナ雪2のあらすじ!気になる結末までしっかり解説

まとめ

映画『アナと雪の女王2』に登場するエルサの母親イドゥナの正体と、精霊や魔法との関係性について考察してきました。結論としては、

  • 母イドゥナの正体は原住民のノーサルドラ人という人間
  • 人間なので精霊ではなく魔法も使えない
  • ただし、特殊な設定のある人間なので第5精霊のエルサを生むことができた

という考察をしました。

1作目に比べてかなりさまざまな要素が絡み合うストーリー設定のため、考察が楽しい作品ですね!『アナ雪2』は考察を踏まえて何度も観たくなります(*´ω`)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる