ファンタビのオブスキュラスとは何?ヴォルデモートやアリアナ・ダンブルドアとの関係を考察

大人気映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、「オブスキュラス」という特殊な力が、一つのカギになっています。相当強力な力であることは観てみるとよくわかるのですが、

  • オブスキュラスとはそもそも一体何なの?

と疑問に思う人もいるかもしれませんね。

また、オブスキュラスが闇の力を具現化したものなので、

  • ヴォルデモートと関係があるのでは?

という疑問や、ハリポタシリーズを観たことがある人は、あのホグワーツ魔法魔術学校の校長であるアルバス・ダンブルドアの妹である

  • アリアナ・ダンブルドアはオブスキュラスの力を持っていたのでは?

ということが気になる人もいるかもしれません。

ここでは、オブスキュラスの謎について考察していきますよ~!

目次

ファンタビに登場するオブスキュラスとは?

オブスキュラスの正体

オブスキュラスとはずばり、

魔法使いの子どもたちに宿る「闇の力」が
形となって現れたもの

です。

映画の中では、黒いもやもやした霧のような形を変幻自在に変えながら、街を襲っていましたね。時に、顔のようなものを持っているときもありました。それが、宿主である子どもの体から放出されるのです。

ハリポタシリーズをご存じの方は、「ディメンター」と似ているように思う人もいると思いますが、ディメンターは闇の力を持っている”生物”で、オブスキュラスはそれ自体では存在し得ません。必ず宿主に寄生している闇の力なのです。

オブスキュリアルとは?

全ての子どもがオブスキュラスを持っているわけではなく、

オブスキュラスの力を宿している子どもは
オブスキュリアル

と呼ばれます。

オブスキュリアルになる得るには条件があります。それは、

  1. 魔法使いの子どもであること
  2. 精神的または身体的に虐げられていること
  3. 自分の魔法の力を抑圧しなければならない状況に陥ること

です。

上記の条件がそろったときに、子どもにオブスキュラスが宿ります。そして、

オブスキュリアルの子どもが自分の感情のコントロールを失ったとき
(怒り、苦痛が最高潮に達した時)に
オブスキュラスが身体から放出され暴発

するという仕組みです。

また、オブスキュラスを宿した子どもは、10歳を迎えるまでに命を落としてしまうと言われています。それだけ、オブスキュラスの力が子どもを蝕んでしまうのでしょう。ニュートがスーダンで出会ったオブスキュリアルの少女も8歳で亡くなったと語られていましたね。

しかし、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に登場するクリーデンスはオブスキュラスを宿していましたが、どう見ても10歳以上です…。

クリーデンスは、自身の魔法の力が相当強力であったからこそ、オブスキュラスを心に宿したまま10歳を超えても生きながらえることができたのではないか、と言われています。相当なレアケースです。

オブスキュラスはヴォルデモートなのか?

オブスキュラスが後のヴォルデモートになる?

オブスキュラスが闇の力であることを知って、あの黒いもやもやの姿を見ると、

この強力なオブスキュラスが、あとでヴォルデモートになるのかな?

と思う人もいると思います。

闇の力の権化と言えば、ヴォルデモート卿ですからね(^-^;それに、もやもやしている感じがヴォルデモートが登場するときの姿と似ていなくもないです。

しかしこれは、先ほどオブスキュラスについて説明した通り、

オブスキュラスがヴォルデモートになることはあり得ません。

というのも、オブスキュラスはそれ自体が生き物として生存しているわけではないのです。

ニュートはスーダンで出会った少女のオブスキュラスを、少女から独自の方法で切り離して魔法のトランクに保存していましたが、あれはあくまで保存しているだけですね。

ですから、オブスキュラスが生きている人間に変身することはないと考えられます。それに、そもそもヴォルデモートは、もともとトム・リドルという魔法使いの人間です。両親も存在します。

ヴォルデモートはオブスキュリアルだった?

しかし、

ヴォルデモート自身がオブスキュラスを宿していたのではないか?
(つまり、オブスキュリアルだったのではないか?)

という点は考えられるかもしれませんね。

しかし、これも実は考えにくいです。

冒頭でご説明したオブスキュリアルになる条件3つを思い出してください。ヴォルデモートは、①魔法使いの子どもだった時もありますし、②精神的または身体的に虐げられていた、という点は合致します。

ヴォルデモートは、父親から棄てられ、孤児院で生まれますが、母親は自分を産んですぐに亡くなってしまっています。母親にも見捨てられたと感じながら、愛情を注いでもらえない孤児院で育ってきました。

虐待ではないかもしれませんが、ぶつけようのない怒りや苦しみを心の中に抱いていた可能性は十分にあります。

しかし、3つ目の条件である、③魔法の力を抑圧しなければならない状況、だったかというと、そうではありません。自分の魔法の力は自由に使っていたわけで、周囲から抑え込まれることはなかったわけです。

ということで、ヴォルデモートはオブスキュラスを宿していたとは考えにくい、と考察できます。

アリアナ・ダンブルドアはオブスキュリアルだった?

アリアナ・ダンブルドアの最期

ハリー・ポッターシリーズを読んだ、あるいは映画を観た、という方は、オブスキュラスの存在をファンタビシリーズで知って、アリアナ・ダンブルドアを想起した人も多いはずです。

というのも、アリアナ・ダンブルドアは、あのアルバス・ダンブルドアの妹ですが、どうもその生き方がオブスキュリアルっぽい、のです。簡単にまとめてみると、

  • 6歳のときに魔法を使っているところをマグルの少年3人に見られ、
    少年たちが恐怖のあまりアリアナを乱暴した
  • アリアナはこれがきっかけで精神的に不安定となり、
    魔法を使うことを恐れた
  • 結果、魔法の力が内にこもり、感情コントロールができなくなると、
    魔力が暴走する「発作」
    を起こした
  • 母ケンドラは娘アリアナを隠して懸命に看病するものの
    アリアナの発作によって亡くなってしまった

ここまでで、かなり壮絶な人生ですが、事故で母親が亡くなってしまったとき、アリアナは14歳でした。オブスキュリアルだったとしても長生きですね。しかし、ダンブルドア家の魔法の力を考慮すると、あり得ます。

母ケンドラがなくなってからは、アリアナの面倒は長男であるアルバス・ダンブルドアが看ることなったようです。弟のアバーフォースもいましたが、彼はまだホグワーツに在学中であったため、アルバスは弟には教育を受けさせることを優先させました。

しかし、彼らが住むゴドリックの谷に、あの、ゲラート・グリンデルバルドがやってきて、アルバスはグリンデルバルドと意気投合し、秘宝探しや今後の魔法界の秩序に語り合うことに夢中になってしまいます。妹の面倒がないがしろにされていると思った弟アバーフォースが、兄アルバスとグリンデルバルドに食ってかかり、決闘に発展し、アリアナは発作を起こしました。そして亡くなったのです。

結局、アリアナの死因は、発作なのか、決闘していた3人のうちの誰かの呪文なのか、はっきりわからないのですが、ともかくそんな悲劇的な結末を迎えてしまったというのが、アリアナ・ダンブルドアのストーリーです。

アリアナはオブスキュリアルなのか?

アリアナ・ダンブルドアのストーリーがわかったところで、彼女がオブスキュリアルだったのかを考察していきましょう。オブスキュリアルの条件である3つを確認してみると、

  • ①魔法使いの子ども
    ダンブルドア家の娘なので〇
  • ②精神的あたは身体的に虐げられていた
    少年の乱暴により精神的な苦痛があったので〇
  • ③魔法の力を抑圧されていた
    魔法を使うことを恐れて自ら抑圧していたので〇

といったように、全て当てはまります!

あくまで、現時点で分かっているオブスキュラスの情報に基づいた条件なので、今後のファンタビシリーズで覆ることはあり得ますが、少なくとも、

アリアナ・ダンブルドアがオブスキュラスの力を宿していたことは
十分に考えられる

という結論を出せそうですね。

ファンタビシリーズでは、グリンデルバルドがオブスキュラスに固執していますし、アルバス・ダンブルドアも、なぜかグリンデルバルドと「血の誓い」と結んでいてお互いに交戦できないようにしています。

この2人の関係とダンブルドア家の秘密については、アリアナが関係しているかもしれませんね!また、第3作目の『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』では、そのあたりが明らかにされるかもしれません(^^♪

『ファンタスティック・ビースト』シリーズの
フル動画(字幕/吹き替え)を無料視聴する方法は?

『ファンタスティック・ビースト』シリーズは、何度も見たくなるし、何回見ても楽しめる作品ですよね♪

そんな『ファンタスティック・ビースト』シリーズのフル動画を、安全に無料で視聴できる方法を調べました!

おうち時間に『ファンタスティック・ビースト』を見て、魔法界での旅に出ませんか?(∩´∀`)∩

1作目
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
を見る!

2作目
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
を見る!

\『ファンタスティック・ビースト』シリーズの関連記事はこちら/

▼結局オブスキュラスって何?ヴォルデモートとアルバス・ダンブルドアの妹アリアナはオブスキュリアル⁉

▼生きてる⁉グレイブス長官の本物の生死について!いつからグリンデルバルドだった?

▼ファンタビ1『魔法使いの旅』のあらすじネタバレ!最後の結末まで徹底解説!

▼結局何者⁉クリーデンスの正体を考察!アウレリウスである可能性は結構ある!

▼まさかの母子?ナギニとヴォルデモートの出会いと関係の真相!なぜ忠実?

▼禁断の恋愛関係!ダンブルドアとグリンデルバルドの過去と血の誓いを考察

▼実在する人物だった⁉ニコラス・フラメルって誰?正体と錬金術・賢者の石の伝説!

▼ファンタビ2『黒い魔法使いの誕生』のあらすじネタバレ!最後の結末まで徹底解説!

まとめ

大ヒット映画シリーズ『ファンタスティック・ビースト』シリーズに登場する、オブスキュラスとは何なのか、ヴォルデモートやアリアナ・ダンブルドアとの関係についても調べてきました。結論としては、

  • オブスキュラスとは
    魔法使いの子どもに宿る闇の力が形になったもの
  • オブスキュラスがヴォルデモートになることや、
    ヴォルデモートがオブスキュラスを宿していた可能性は低い
  • アリアナ・ダンブルドアは
    オブスキュラスを宿していた可能性が考えられる

ということでしたね。

ますます謎が深まるファンタビシリーズからは、今後の新作にも目が離せません!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次