【コナン緋色の弾丸】犯人(井上や石原)の動機は何だった?

大人気コミックでありアニメである名探偵コナンの映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』において、最後に犯人がわかったのですが、どうも犯人の動機がよくわからなかったという人も多いようですね。

確かに、謎解きの部分はいつもさらさらっと終わってしまう感じがあって、結局何が犯行動機だったの?となってしまうのも無理はないと思います。そこで、今回は

  • 犯人である白鳩と井上の動機
  • 15年前の事件の犯人、井上の動機

が、それぞれ何だったのかを調べていきます!

目次

今回の犯人(白鳩・井上)の動機は?

映画のクライマックスで、今回の事件の犯人は、

  1. 白鳩舞子(しらはと まいこ)
  2. 井上治(いのうえ おさむ)

の2人だということがわかりました。

それぞれの犯行動機について考えていきます。

犯人①白鳩舞子の動機

一人目の犯人は日本WSG協会の広報で、体験乗車の案内役でもあった白鳩舞子でしたね。最後の最後には、赤井秀一のスーパー狙撃を受けるという、ある意味おいしい役回りでした。

そんな白鳩舞子の犯行の動機はズバリ、

15年前に逮捕された父親、石原誠が
冤罪であることのFBIへの恨み

です。

本作の事件は15年前のアメリカでの事件と関連していますが、そのときの事件の犯人として逮捕されたのが、白鳩舞子の父、石原誠(イシハラ マコト)でした。

15年前の事件では、WSGのスポンサーである3人が誘拐され、3人目は銃撃されています。1人目の被害者が誘拐された時には、白鳩舞子は「父と一緒にいた(つまりアリバイがある)」と、当時FBIに主張したのですが、FBIは聞かずに逮捕

結局、石原誠は無実を訴え続けるも獄中死しており、母親もその後を追うように亡くなってしまいました。その後、白鳩舞子は「証人保護プログラム」の制度を利用し名前を変えました。

「白鳩舞子(シラハトマイコ)」は「石原誠(イシハラマコト)」のアナグラム(並び替え)になっているのです。

ところが、結局のところ、最後にFBIがネタばらししますが、

石原誠は冤罪ではなく犯人だった

ことがわかります。

共犯者がおり、1人目の犯行は共犯者が行ったのです。FBIはこの共犯者と司法取引(今回の罪を問わない代わりに、犯人の名前を提供しろ、というもの)を行ったので、共犯者の存在が明らかにされないまま、事件が幕を閉じていたのです。

白鳩舞子にとっては、とんだ勘違いの事件になってしまいました。FBIが石原誠の家族にだけでも事実を話していたら…なんて思ってしまいますが、それだと司法取引の意味がないのでしょうね。難しいところです…。

犯人②井上治の動機

2人目の犯人は、リニアのエンジニアである井上治でした。井上治の犯行動機は、ズバリ、

FBIが自分の証言を無視し、
無実の石原誠を逮捕して、自分の人生をめちゃくちゃにされた
FBIへの恨み

です。

井上治の動機については、かなり逆恨み感があるのですが…。FBIを恨んでいるという点で、白鳩舞子と目的が一致したので、今回の事件で結託して、当時FBI長官であったアラン・マッケンジーを狙ったということです。

井上治の父親は、日系お菓子メーカーのトップで、15年前の事件の1人目の被害者でした。当時、WSGのスポンサーばかりが狙われていたため、井上の父親は、事件後やむなくスポンサーを降りました。

しかし、そのことがまるでテロに屈したかのようにアメリカでは映ってしまい、相当な批判にさらされ、一家はアメリカに居られなくなるほど追い詰められてしまいました。

さらに当時、井上は事件の犯人を見たとFBIに主張しましたが、FBIが逮捕したのはその人物とは全く異なる石原誠で、さらに石原誠は獄中死してしまいます。実は、井上が見た犯人というのは、石原誠の共犯者で、司法取引をした人物だったので、これまた情報が明らかにされず、井上は

FBIが自分の証言を聞かずに無実の人物を逮捕して、
さらに獄中死
までさせた。
自分の証言を聞いていたらこんなことにならなかったはずなのに!

と、怒りが爆発し、自分の人生がめちゃくちゃになったことまでひっくるめて、FBIへの恨みを募らせた、というわけです。

白鳩舞子も井上治も、どちらも真の犯人はこの共犯者だと思っていたのですが、実際には、石原誠も犯人だったわけで、2人の勘違い、というか情報不足によって、悲しい結末に終わってしまったのです。

司法取引は様々な形で禍根を残してしまう制度だと、改めて思いました。

15年前の事件の犯人(石原誠)の動機は?

ところで、15年前のWSGスポンサーばかりを狙った事件の犯人である石原誠の犯行動機は何だったのでしょうか?

実は、

石原誠の犯行動機については、
全く説明されていない

のです。

15年前の事件は、あくまで、今回の事件のきっかけにすぎない位置づけだったので、詳細の説明が省かれてしまったようです。

ですので、勝手な推測になりますが、

  1. 石原誠はただの寿司職人
  2. 共犯者がいた(複数いた可能性もあり)
  3. 少なくとも1人目の犯行には石原は関わっていない

ということからすると、

石原誠は、WSGのスポンサーになるような大企業のトップばかりを連続で狙うような事件の主犯ではないのかもしれません。あくまで、背景にある大きな組織に利用されただけだった可能性もあります。

その大きな組織自体は、WSGが開催されることが不都合である、別のライバル企業だったり、他の国家だったり、するのかもしれませんね…。

この事件の真相については、ぼやっとしてしまって、少し残念な気持ちになりました。最近のコナン映画はアクションや映像美が優先で、なかなか謎解きやトリックなどに焦点が当たっていない気がして、もどかしい気持ちになります。

『名探偵コナン緋色の弾丸』の
フル動画を無料視聴する方法は?

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』は、何度も見たくなるし、何回見ても楽しめる作品ですよね♪

そんな『名探偵コナン 緋色の弾丸』のフル動画を、安全に無料で視聴できる方法を調べました!

おうち時間に『名探偵コナン 緋色の弾丸』を見て、ハラハラドキドキしませんか?(∩´∀`)∩

\『名探偵コナン 緋色の弾丸』を見る!/

\映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の
関連記事はこちら/

▼『緋色の弾丸』あらすじをネタバレ解説!最後のトリックまでしっかり説明&感想も!

▼複雑⁉赤井家の家系図まとめ!アニメ登場回はこれを観るべし!

▼狙撃は理論的には可能かも⁉赤井秀一はなぜ銀色の弾丸を使ったのか

▼結局何だった?『緋色の弾丸』犯人の動機を解説!15年前の石原の動機も

まとめ

名探偵コナンの映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』で起こる事件の犯人である白鳩、井上、石原の動機について、調べてきました。結論としては、

  • 白鳩舞子の動機は
    冤罪の父を逮捕されたFBIへの恨み
  • 井上治の動機は、
    自分の証言を聞いてもらえず
    人生をめちゃくちゃにされたFBIへの恨み
  • 15年前の事件の犯人である
    石原の動機については、不明

ということでしたね。

動機はいろいろありますので、あまり細かいところに注視せずに、超電導リニアのアクションを思う存分楽しめる映画です♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次